toshihiko nishida :::Savor:::

nisida.exblog.jp
ブログトップ
2008年 02月 02日

CSR 企業の社会的責任

ワークライフバランスともう一つ気になる言葉。CSR
企業の社会的責任という意味。
もともとヨーロッパで生まれた概念で、簡単にいうと、持続可能な社会をつくりましょーそのためには利益追求だけでなく企業の社会的責任を明確にしましょーというコンセプト。EU はこれが発展的に進んできている社会ですね。

企業の不祥事が目立つ昨今。
しかも妙にグローバル化しすぎて問題になると被害もでかい。
あと環境問題。

どれも20世紀型の企業スタイルの変革期に来ている感じがします。
おそらく中国経済、インド経済も今はイケイケだけど、これまでの株主主導の資本主義経済のスタイルで進めば、破綻するでしょう。

持続可能な社会にしていくためには、企業の社会的責任を消費者が見て選んで商品を買うという時代に変化するしかないのかも。とりあえずお野菜は大分産を。笑

そういえば10年前大学の卒論のテーマが、19世紀初頭のヴェブレンという資本主義経済が行き詰まることを提言している学者だったのを思い出す。冷静に資本主義経済の行き詰まりを述べる下りに共感したものです。
写真はちょっと面白い。
b0098259_12462965.jpg

[PR]

by nisida3t | 2008-02-02 12:47


<< 本来の味      ワークライフバランス >>